インターネット通販のデメリット

インターネット通販のデメリット

インターネット通販のデメリットについて考えていきます。
実店舗まで行かずとも商品を注文することができる便利なインターネット通販ですが、その一方でデメリットも存在します。
そのデメリットというのは、基本注文はクレジットカードで購入することが多いのですが、このクレジットカードの情報をそのサイトに入力をすることになりますが、信頼できるサイトでなければそのクレジットカード情報を悪用されるリスクがあることです。
ですから、購入する際には信頼できる大手のサイトでない限りは、極力別の支払い方法があればその方法で支払うのが何かと安全です。
例えば、代引きやコンビニ払いなどが理想です。
代引きは代引き手数料がかかることがありますが、クレジットカードの情報や現金振り込みの際に銀行口座を販売主に知られずに済むため、大切な個人情報を守ることができます。
また、代引き手数料だけでなくコンビニ払いもオススメとなっています。
コンビニに置いてある端末機から簡単にインターネット通販で注文した商品の支払いを済ますことができます。